着物の文様について勉強中です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 雪輪 | main | 鋸歯文 >>
亀甲


正六角形の線文様を亀甲文様といいます。

亀の甲羅の筋文に似ていることから、名づけられたようです。

これを左右上下につなげたものを「亀甲つなぎ」といいます。

写真は着物地から作った新書カバーです。
こちらの文様は、正六角形をぐいーんと縦に伸ばした変形の亀甲文と言えそう。
亀甲の中にも亀甲!入れ子状になっています。

地の色は上の写真では細かな縞文様ですが、真黒にも見えるのです。
そして、光の当たり具合によっては、下の写真のようにも〜!



漆黒と朱ーまさにウルシのような質感の生地です。

そのなかで存在感を見せる亀甲文です。



Posted by : moyocho | - | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:11 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://moyocho.jugem.jp/trackback/21
TOP