着物の文様について勉強中です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 小紋 | main | 青海波 >>
釘抜きつなぎ
先日深川を歩いていて、ふらふらーと和のお店に吸い寄せられました。
いわゆる呉服屋さんなのでしょうが、店頭には箱に入ったお手ごろ価格の和小物がいっぱい。店内に入ったところに、手ぬぐい発見。伝統文様らしき単純でぱっと目をひく文様がいろいろ。波千鳥、亀、桜といっしょにこの「釘抜きつなぎ」を買っちゃいました。
そう、くぎぬきつなぎですって。言いにくい〜。
四角つなぎ?ソロバン?かなと思ってましたよ。
四角の中にまた小さな四角が入った形は釘抜きの座金をあらわしているそうです。
縦線が規則的に入っているし、縞文の一種でもあるんですね。
「ちりとてちん」ではだいぶ前に草々兄さんがこの文様の浴衣を着ていた記憶がうっすらと。紺色だった気がするけど、妄想かしら。
こっちの赤い色だったら、小草若ちゃんが似合いそう。でも彼のは斬新だからなぁ。
一門会でお召しになってた柄は人物像?もしかして「底抜けに〜」ポーズだったりして。
Posted by : moyocho | - | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 00:50 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://moyocho.jugem.jp/trackback/4
TOP